Skip to content

こんな資格もある!? 食空間コーディネーター


一から基礎を学びたいなら資格の勉強が一番

テーブルコーディネートについて基礎から学びたいというのであれば、食空間コーディネーターという資格があるので、こちらの資格取得を目指し勉強に励むのが良いでしょう。これはテーブルコーディネートはもちろん食空間にわたる全てに関する知識全てを必要とする資格であるため、資格取得のための勉強に励むことでより深い知識を得ていくことができます。ホテルやレストランをプロデュースするアドバイザーなどにも求められる資格であるため、ほとんどプロと変わらない知識が身につき、さらに資格を取得することで仕事や活躍の場を広げるためにも役立ってくれます。プロはもちろんテーブルコーディネートに興味を持つアマチュアの人もたくさん受験する資格なので、興味がある場合にはぜひチャレンジしてみてください。

現在の資格制度は2級まで

食空間コーディネーターの資格はまだ歴史が浅く、3級、2級までしか設けられていません。しかしその内容は非常に高レベルで、3級はこれまで食空間やテーブルコーディネートに触れたことの無い未経験者でも受験可能ですが、2級は3級試験に合格をしていなければ受けることもできません。2級試験では筆記の他に講習を経てからの実技試験も設けられており、実際のテーブルコーディネートや食空間のコーディネートの能力、センスを問われることになります。資格についての勉強ですが、こちらは一般資格と同様テキストなどが書店で販売されており、また通信講座などを利用して励んでいくことも可能です。取得することで飲食やサービス業における就職、活動の幅が広がり強みとなることはもちろんですが、日常生活の中においても教養として役に立つ知識なので、学んでおいて損をすることはありません。テーブルマナーというのは普段の生活の中で基礎知識を学ぶチャンスがなかなかありませんので、こういった資格を利用して一から学んでみるのも良い経験になるでしょう。