Skip to content

テーブルコーディネートとは…


より楽しく食事を楽しめる空間を作り上げる技法

テーブルコーディネートとは、季節や行事、テーマ、料理の内容に合わせて食卓を飾り立てる技術のことです。より楽しく、美味しく食事を楽しむ空間を作ることを目的としており、食器やカトラリー、グラスなどのマナーを守りながらコーディネートしていきます。ある程度のテーブルマナーに沿って行う必要がありますが、必ずしもこうしなければならないという決まりは無く、コーディネートを行う人の自由な発想、センスを取り入れてテーブルをアレンジして問題はありません。みんなが楽しく、美味しく食事を行える空間を作り上げることが第一ですから、枠にとらわれることなくコーディネートしていくことができます。

格式に捉われる必要は無い

テーブルコーディネートは、豪華な料理を並べるテーブルにおいてのみ行われるというわけではありませんし、必ずしも立派な花を飾らなければならないということもありません。友人同士の些細な食事会のテーブルにおいても取り入れられるものなので、格式などに難しく捉われることは無いのです。テーブルクロスやランチョンマットを敷き、そこに一輪花を添えるだけでもそれは立派なテーブルコーディネートです。突き詰めていけば、様々なアイテムをつかって晩餐会のようなテーブルコーディネートをすることもできますが、ささやかな気持ちを添えるだけでも立派な空間の演出になりますので、この点については勘違いの無いようにしておきましょう。

サイトやコーディネート本を参考にすると便利

テーブルコーディネートは改めて学ばなければあまり得ることができない知識であるため、どうしたら良いのかわからないという人も多いでしょう。そういった場合には、テーブルコーディネートのサイトや専門の本を参考にするのが便利です。こういったサイト、本では基本的なコーディネート例や、シーン別のスタンダードな例、コーディネートに活かせるアイテム、季節の花やその活け方などについても丁寧に紹介されています。最初のうちはこのようなものをそのまま真似れば間違いの無いコーディネートができますし、慣れてきたらオリジナルでアレンジを加えてみるのも良いでしょう。実際に行ってみることがテーブルコーディネートへの理解を深めていく一番の近道ですので、マニュアルを学ぶよりもぜひ普段の食卓でチャレンジしてみてください。

配色やアレンジアイテムのセンスも重要

テーブルマナーを守って食器やカトラリー、グラスなどの配置を行っていくことも大切ですが、テーブルコーディネートにおいては色選びや食卓を彩るアイテム選びのセンスも重要になってきます。色というのは食欲に大きな影響を及ぼしますし、またどういったアイテムをテーブルに取り入れるかによって食卓の印象も大きく異なってきます。逆を言えば、どれだけテーブルマナーに沿った食器配列を行っても、配色やアイテム選びにセンスが無ければテーブルの雰囲気は台無しになってしまうのです。難しくかしこまる必要は無いものの、ハイセンスなコーディネートをするのは至難の業なので、テーブルコーディネートは非常に奥が深いものであるとも言えます。また、テーブルコーディネートを行う食卓においては自分以外のお客様が席に着くことが前提ですから、この相手の好みについても気を配らなければなりません。マナー、センス、相手の好みなど多角的に考えてベストなコーディネートを考えていく必要がありますから、学びを進めていく上ではこのようなことについてもきちんと理解しておく必要があります。レベルを上げるためには実際にテーブルコーディネートを行う、外食に出かけてそれぞれのお店でどのようなコーディネートがされているかをチェックするというのが最も良い方法ですから、ぜひとも積極的に実際のテーブルコーディネートに触れて、どういったコーディネートがあるのか確認してみてください。